Product

綿入れの様子

昭和の時代はみんなこのふとんでした、日に干すとふくらんで、カサが減ったら打ち直して使いました。再利用することでゴミも出さず、自然素材ですから体にも良い。最高の寝具と思っていますが、時代の流れで綿わた100%を仕立てる人が本当に減少しました。したがって、打ち直しの需要も併せて減るのも仕方のないこと。

 

しかし!いまだに根強いファンがいるのも事実。当ショップでは厚生労働省の国家資格を持った職人がおります。お預かりしました布団をお客様ごとに1枚1枚丁寧にお仕立いたします。座布団から敷きふとん、かい巻まで昔ながらの作り方です。

 

ご相談お見積りは無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

原料が製綿機入る画像
原料が製綿機入る画像

綿100%の原料が製綿機に入ります。

ほぐされた綿がきれいに製綿される
ほぐされた綿がきれいに製綿される

ほぐされた綿がきれいに製綿されている画像

1枚の綿がたたまれた画像
1枚の綿がたたまれた画像

およそ畳1枚ほどの大きさに仕上がり綺麗にたたまれた。